toggle
COLUMN
2018-03-08 | COLUMN, アトリエ日記

国際女性デー、中国ならではの過ごし方

今日、3月8日は国際女性デーです。
日本ではあまりなじみはないかもしれませんが、もともと、ニューヨークで女性の参政権をめぐってデモがおこったことをきっかけに、国連が女性の十全かつ平等な社会環境の整備を加盟国に呼びかける日として定められました。

 

イタリアでは、この日に女性同士でミモザの花を贈りあう習慣があり、日本でも近年、この季節になるとお花屋さんでは色鮮やかなミモザの花が並ぶようになりました。

さて、そんな国際女性デー。実は日本よりも、お隣、中国のほうが浸透しているといえるかもしれません。その理由は、実は中国では、3月8日は、国民の祝日として定められており、労働関係のある女性従業員は半日休みであると明確に法律で定められています。

女性だけお休み・・・というのがなかなかシビアですが。

この日、デパートやショッピングモールでは、女性向けの特別なキャンペーンが開催されます。例えば、デパートの化粧品売り場では、この日限定の無料メイクを行ったり、購入者には特別なプレゼントや、購入金額に応じたディスカウントなどが実施されたりします。

半日お休みということで、午前中は会社に行き、午後から休みをとるOLさんがほとんど。会社帰りにそのまま街にでかけることを予想し、街中のデパートや飲食店では、あの手この手で女性の心を掴むイベントを仕掛けています。

上海ディズニーランドでも、この日ばかりは、ミッキーマウスに代わり、ミニーがパレードを指揮して練り歩くなど、まさに女性が主役の1日を満喫できる日となっているようです。

 

 

【関連サイト】

我国法定年节假日等休假相关标准
http://www.gov.cn/banshi/2012-11/30/content_2279246.htm

 

***************************************************************

中国市場向けの商品企画、新規事業コンサルティングのご相談受付中です。

詳細につきましてはこちらよりお問い合わせください。

***************************************************************

2018-03-01 | COLUMN, アトリエ日記

朝ごはんで一日を整える

1日のスタートとともにいただく『朝ごはん』

 

朝ごはんを食べる意味を考えたことありますか?
朝ごはんは、1日のはじまりに食べる最初のごはんです。その日活動するためのエネルギーを摂取するという目的がまずあります。このエネルギーは、体だけでなく脳にもエネルギーを運ぶというところがポイントになります。

 

そして、もう一つ、前日の夜に食事をとってから、朝起きるまで消費したカロリーや栄養素を補給するという意味合いもあります。特に、体内でつくることができないミネラルや、体内で蓄積することができないビタミンは、食事で補給する必要があります。不足すると、お肌のトラブルや、体の不調にもつながりかねません。

 

最後に、朝、食事をとることにより、脳のセロトニンが分泌されます。このセロトニンが分泌されることにより、脳が目覚めます。脳が目覚めれば、朝一番から頭がしゃきっとして仕事もはかどりますね。

朝の行動や、思考がその日1日の、自分自身の状態を決定してしまうといっても過言ではないとおもいます。そして、その自分自身の行動や思考は、朝ごはんに影響していると考えます。

朝から一汁三菜とまではいいませんが、まずはきちんと朝ごはんを食べる環境を整えること。それが1日を整えるきっかけになるとおもいます。

 

 

***************************************************************

朝ごはんのメニュー開発、撮影フードスタイリング、コラム執筆のご依頼受付中です。
詳細につきましてはこちらよりお問い合わせください。

***************************************************************

2018-02-22 | COLUMN, アトリエ日記

簡単おしゃれなスタイリングのお役立ちアイテム

人がその商品をみておいしそう!と感じる判断基準は視覚と言葉で決まるそうです。しかも、そのうち、視覚がかなりのウェイトを占めるとのこと。

これは、昨年うかがった「SIZZLEのデザイン」の出版記念講演でもうかがったお話ですがそれほどまでに食の世界においては、ビジュアルが伝える印象というのはとても大きいということがよくわかります。

今回は、そんなビジュアルで伝える際に絶対不可欠なスタイリングの定義と、簡単おしゃれなスタイリングにすぐに役立つお役立ちアイテムをご紹介します。

 

 

スタイリングとは?

この仕事をしていると、名刺交換の際などにフードスタイリング、フードスタイリストって具体的にどのような仕事なのか聞かれることが多々あります。

ひとえにスタイリングといえども、洋服や、インテリア、そしてフードとそのジャンルは様々。わたしは、フードスタイリングをメインの仕事としていますのでここでいうスタイリングは、フードスタイリングに絞らせていただきますが、フードスタイリングといわれてもピンとこないのは当然。

具体的にフードスタイリングの仕事は大きく2つに分かれます。

1つはお皿のまわりのスタイリング。主に、食のシーンを演出するための、お皿や布(テーブルクロスやナプキンなど)、花や葉っぱなどの小物を上手にあわせて、伝えたいイメージづくりのお手伝いをします。

もう1つはお皿の中のスタイリング。これは、意外?かもしれませんが、お皿の中でどう盛り付けるか?を考える仕事。料理の盛り付け方は、食材の盛り方、そして、ハーブやスパイスなどの添え物を提案すること。そして、私の場合は、そもそものメニューの中にある食材についてもご提案させていただくことがあります。例えば、おなじジャガイモをつかうのでも、紫や、ピンクや黄色のジャガイモを提案させていただいたり、料理全体の色味が単一な場合は、玉ねぎを紫玉ねぎに変えるなどの提案をさせていただくこともあります。

 

フードスタイリングのゴールは『おしゃれ』ではない

一年ほどまえに、外見力を磨くため、ファッションやメイク、ヘアスタイルといった個人の印象にかかわるイメージコンサルタントの方にアドバイスをいただいたことがあります。

 

イメージコンサルタントというと、これまたピンとこないかもしれませんが、例えば選挙の際に政治家の方が、選挙ポスター用に撮影する写真をイメージするとわかりやすいかとおもいます。どんな印象に自分をみせたいのか、はたまた、どんな政治家になりたいのかをイメージし、それにあったヘアメイク、ファッション、そして表情やポーズなどを決めていきます。

個人のイメージコンサルティングについても同様に、まずはどんなイメージにみせたいか、どんな自分になりたいかをイメージし、そしてそこから具体的に、個人の体型や皮膚の色にあわせてメイク、髪型、ファッション、ときには立ち居振る舞いなどで、最終的には、なりたい自分、みせたい自分のイメージになるようにもっていきます。

フードスタイリングにもこれと同様のことが当てはまると私は考えます。

まずはどんなイメージをつくりたいのか、どんな風に相手に印象を与えたいのか、それを具体的にテーマを掘り下げていきます。そしてそこから、具体的にそのテーマにそった器や、カトラリーなどを選んでいきます。また、フードスタイリングの場合は、配置場所も重要になってきます。写真の構図がおかしくならないように、バランスをみながら配置をしていきます。

 

前者のファッションのイメージコンサルティングも、フードスタイリングにも、共通していえることが、単におしゃれさを追求しているわけではないということ。魅せたいイメージを明確にして、最終的に相手に与える印象が魅せたいイメージとリンクしていることがゴールであり、全体のイメージが統一感があり、人であれば、その人に似合っていること、フードであれば、その状況にふさわしい統一感があり、バランスのとれたフードシーンがつくりあげられていることが、相対的にみて、おしゃれに感じるのだとおもいます。

とはいえ、わたし自身もまだまだ勉強中の身。諸先輩方の背中を見ながら、試行錯誤を重ねているのも事実ではあります・・・

 

 

簡単おしゃれにみえるお役立ちアイテム

話をフードスタイリングに戻して、ここでは誰でも、すぐに魅せたいイメージのフードスタイリングができるようになる、お役立ちアイテムについてご紹介したいとおもいます。

 

雑誌やレシピ本などに掲載されている写真をみると、雰囲気がよさそうな木の板(天板といいます。)の上に直接食材や料理がのっているのをみかけることがあります。

 

普通のダイニングテーブルではない感じの板で、しかもところどころペンキのかすれがあったり、ダメージ(傷)があったりして、雰囲気があるのが特徴的。実は、これらの天板があれば、簡単に魅せたいイメージをつくりだすことができます。

 

ちょっとおいしそうな料理がつくれたときに、わざわざそれにあうテーブルクロスを引っ張り出してアイロンかけて・・・と準備するのはちょっと面倒。だからといって、いつものダイニングテーブルでは生活感丸出し・・・そんなときこそ、それにあうような雰囲気のある天板をもっていれば、とても簡単に、そしてちょっとかっこよく、今風の写真を撮ることができます。

 

天板は、ホームセンターなどで自分で板を購入してペンキを塗る方法もありますが、最近では市販もされているようです。魅せたいイメージにあわせて、天板を1枚もっておくと、何かと便利なのでおすすめです。

【おすすめのお店】

※古材や、ペンキ類を購入したりしています。

GALLUP 中目黒ショールーム

※プロの料理カメラマンの意見のもとオリジナルで天板を作成されています。

photo design board

 

 

 

 

 

 

2018-02-14 | COLUMN, アトリエ日記

最低限食べておきたい朝ごはんとは?

時間がない朝。

空腹を我慢して出勤するよりは、少しでもお腹にたまるものを何か、口にしたいもの。

そんな時間がない朝でも食べられる、朝ごはんとは?市販品でもできる毎日の朝ごはんのアイデアをご紹介します。

 

 

時間がない朝でも最低限取り入れたい栄養素とは?

時間がない朝でも、最低限とっておきたい栄養素。

それは炭水化物。
近頃は、糖質オフなんて言葉が蔓延していますが、炭水化物(ブドウ糖)は、脳みそのエネルギー源。そして、お腹に食べ物をいれることで、体も目覚めます。朝、本当に時間がないときでも、パンやおにぎりなどのワンハンドで食べられる朝ごはんをお腹にいれましょう。

 

ビスケットや、クラッカーは朝ごはんになるか?

あわただしい朝の時間、家をでる時間がぎりぎりになっても、やっぱり空腹には勝てません。そんなとき、家にある、ビスケットやクラッカーなど、何も準備しなくてもすぐに食べられるものがあると、とりあえずは空腹をしのぐことができます。

いつも、朝ぎりぎりで朝食を準備する時間もなく家をでる人にとっては、まずは、朝お腹に何かいれることが大切だとおもいます。そして、普段はちゃんと朝ごはんをつくって食べるという人も、いざというときのために手軽に食べられる補食として、家にストックしておくのもおすすめです。

 

コンビニ食材でもできる毎日の朝ごはん

もうひとつ、覚えておきたいのがコンビニで手に入る市販品をつかった朝ごはんのアイデア。帰宅が遅くなってもコンビニでも野菜や卵など手に入る時代。夜、帰宅する際に、コンビニで翌朝の食材を購入しておけば、朝、あわてることもありません。

最低限、パンやごはんは売られていますし、最近では普通に卵も購入することができます。また、朝からしっかり食べたい人には、カット野菜や、ベーコン、サラダチキンも販売されていますので、サラダや、野菜炒め、ベーコンエッグなどもつくることができます。

日持ちのする、ツナ缶や鯖缶などの缶詰類は、朝ごはん以外にも汎用性がききますので、常時家にストックしておくことをおすすめします。
缶詰があると、朝、ただパンを焼くだけでなく、パンの上に、カット野菜、ツナ、スライスチーズをのせてトーストにすれば、一品で栄養バランスもばっちりな朝食が簡単に出来上がります。

コンビニにいったら、出来合いのお弁当やデリだけでなく、そこで販売されている食材も是非チェックしてみてください。

市販品をうまくつかって朝ごはんで一日を整える工夫を

朝ごはんを食べずに空腹のまま家をでてしまうと、脳や体がエネルギー不足のまま一日をスタートすることに。当然、その日一日のスタートもちょっと歯切れの悪いものになってしまいます。ビスケットやクラッカーなどの市販品や、コンビニでも手に入る食材をうまくつかって、まずは毎日朝ごはんを続けることを目標にしてみませんか?

 

***************************************************************

朝ごはんのメニュー開発、撮影フードスタイリングのご依頼受付中です。
詳細につきましてはこちらよりお問い合わせください。

***************************************************************

2018-02-06 | COLUMN, アトリエ日記

『みそ玉』で手軽な温活朝ごはん

寒くなると、ここ数年は「温活」という言葉をよく耳にするようになりました。

寒い時期に体を温めるのに効果的なグッズを生活に取り入れたり、食事面でも体をあたためる食材をとりいれたメニューを食べるなど、体を温めるのに効果的なことを生活に取り入れることを指します。

 

体を温める食材というと、まず思い浮かぶのがしょうがです。しょうがは、加熱してもしなくてもそれぞれ、体をあたためる有効成分があり、温活に効果的といわれています。

ただ、わざわざしょうがを使ったメニューをとりいれなくても、私達が普段よく口にするもので、温活に効果的なメニューがあります。

それが味噌汁です。

味噌をはじめとする発酵食品は、体の代謝を高め、血行を促進し、体全体のめぐりがよくなります。また、温かい飲み物を飲むことで、体の中からあたためる効果も。

 

 

毎朝の味噌汁づくりが面倒ならば、自家製のみそ玉を作り置きすれば、朝はお湯を注ぐだけで簡単に味噌汁を飲むこともできます。

 

→みそ玉の詳しい作り方と、アレンジバリエは、朝時間.jpにて詳しくご紹介しております。

朝一杯の味噌汁で温活!作り置き「みそ玉」お手軽朝食アイデア♪

 

2017-12-14 | COLUMN, NEWS, WORKS

【連載】あったかだしで味わうだしかけごはん(朝時間.jp)

毎週日曜日更新の朝が楽しみになる!とっておきの朝ごはんのアイデアをご紹介している朝時間.jpの連載。

今週は、先週のスープかけごはんにつづき、ワンボウルでいただけるだしかけごはんについてご紹介をしています。

だしかけごはんのいいところは、最初は具材とごはんを一緒に食べ、次に、出汁を全体にかけてお茶漬けのようにして食べるという、二度おいしさを味わえる点にあるとおもいます。出汁は、寒い朝に飲むとそれだけで体もあたたまりますし、出汁の香りもあいまってどこかくつろいだ気持ちになりますね。/

 

記事詳細は下記からどうぞ

https://asajikan.jp/article/136054

2017-09-10 | COLUMN, #いつ, 朝ごはん, 朝活

ラタトゥイユ風秋野菜のグリル、ヨーグルトソース添え


今話題のギリシャヨーグルト腸活をテーマにレシピをつくりました。

濾過してつくられるギリシャヨーグルトは乳清などが取り除かれている分、
通常のヨーグルトと比較してもたんぱく質が2倍以上など栄養価が豊富なことで知られています。
濃厚でクリーミーな味わいで、そのままでもスイーツ感覚で食べられますが、やはり、普段の食事に取り入れることで飽きることなく食べ続けることができます。

今回は、ギリシャヨーグルトをつかった

ラタトゥイユ風秋野菜のグリル、ヨーグルトソース添え

をつくりました。

秋茄子や、無花果、蕪など、今が旬の野菜やフルーツをたくさん味わえる、お手軽な一品です。

ギリシャヨーグルトは、野菜のグリルや煮込みに添えるだけでほのかな酸味で野菜の旨味を存分に引き出してくれます。味付けは、ごくシンプルにまとめるのがポイント。

詳しいレシピは下記からどうぞ

https://otonasalone.jp/37798/