toggle
2017-11-17

LA発のカフェとメニュー開発

カフェや飲食店のメニュー開発を行っていることもあり時間をみつけてはあちこち視察にいっております。

 

10月末に日本に上陸したLA発のティーブランド ALFREAD TEA ROOM

 

 

厳選茶葉を使用したファインティー。

本質的な美味しさをもっとカジュアルにたのしめるブランドとしてLAではすでにブロガーやセレブたちだけでなく地元の人たちからも愛される大人気のブランド。

日本での展開は、ティーマイスターがドリンクを監修し、チャヤマクロビオティクスなどのビーガンスイーツ店で経験をつんだパティシエによる植物性、グルテンフリーのこだわりのスイーツとともに楽しむことができます。

紅茶というととてもトラディショナルなイメージが強いですが自分らしさを大切に、好奇心旺盛でアクティブな女性にむけて
もっとカジュアルに、自由にたのしめるスタイルを提案しています。
印象的なピンクの店舗内装や、パッケージデザイン

そして、「tea,yes. you,maybe. 」 というメッセージからは

固定観念にとらわれない、

自由で開放的なイメージを全身で感じることができます。

 

紅茶は、温度と時間を正確に測り、一杯づつ丁寧に抽出されていました。

 

女性であることの喜びを全身で感じることのできるまさに、すべての世代の女性のためのカフェです。

 

一方、シーズンごとに、個性的なオリジナルドリンクを提供しているディーンアンドデルーカ

11月は、こちらのローズベルベットがお目見え。

アーモンドの風味のミルクとベリーのソースをあわせた、ねっとりとした甘さが残るやさしい飲み口のドリンク。ベリーの酸味が甘さを上手におさえてくれています。
他にも同じアーモンド風味のミルクをベースとしたラムレーズンクリーム入りのラテ、定番のホットアップルサイダーなどもラインナップされています。

スターバックスもそうですが、再び、アーモンドミルクが注目されてきているようです。

***

カフェのメニュー開発、フードスタイリングのご依頼受付中です。
詳細につきましてはこちらよりお問い合わせください。

飲食店様向けメニュー開発の実績はこちら▶︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment