toggle
2018-09-28

移転間近の築地市場へ

フードスタイリスト、フードコーディネーターの河合真由子です。
先日、間もなく移転となる築地市場へ行ってきました。わたし個人としてはおそらくこれが最後の築地市場となります。

まずは場外から見学スタート。今回、築地市場にゆかりのある方の案内でいろいろ案内をしていただきました。
場外には、築地で働く人々の胃袋を支える飲食店の数々が。その中でも印象に残ったのが、吉野家さん。

あの牛丼で有名な吉野家さんの、こちらは1号店です。残念ながら築地移転後、こちらのお店はなくなってしまうとのこと。

吉野家さんは、もともと日本橋の魚市場のそばに牛丼店をオープン。その後市場が築地に移ったのをきっかけに築地に1号店をオープン。以来、たくさんの人の胃袋を満たしてきたとのこと。

次に場内もみてまわりました。場内は、11時を過ぎれば一般の人でもはいれるというのが現状の築地のルールです。
品物はかなり少なくなっていましたが、それでも、新鮮な築地のお魚を1尾から買わせてもらえるのは嬉しいところ。
場内ではターレットが縦横無尽に走り回り、その荒々しさも築地の活気を物語るような風景でした。

 

 

築地市場は、10月6日(土)をもってクローズ。新しい豊洲市場は、10月11日からオープンします。場外のお店も一部は残るようですので完全になくなるというわけではありませんが、それでも昭和10年から続いてきた、日本を代表する市場がなくなり、すべて駐車場になってしまうというのは、個人的にはさみしいものがあります。
今、築地は移転前最後ということもあり、相当の混み合いですがそれでも機会があれば是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事